HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトサッカー日本代表  »  サッカー日本代表 国際親善試合2012 ブラジル戦
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク

<2012/10/16 欧州遠征国際親善試合>
 結果 
  日本  
 0-4 
 ブラジル 
    
 得点者 
 パウリーニョ(前半12分) 
ネイマール(前半26分) 
ネイマール(後半3分) 
カカ(後半31分) 

<スタメン>
GK 川島
DF 長友 吉田 今野 内田
MF 遠藤 長谷部 清武 中村 香川
FW 本田

(交代)
中村→乾 内田→酒井 長谷部→細貝 清武→宮市 吉田→栗原


スコア以上に更に差を感じた完敗

テレビ実況では内容に比較してこの点差が不思議と言っていたがむしろ逆で、要所は常に相手が占めていたし後半は余裕があったので手を抜いてもいた、それでも歯が立たず大きく開いたスコア以上に差を感じる完敗だった。

いろいろな部分で及ばなかったがやはり一番大きかったのは一体一の競り合いにほとんど勝てなかったことで、守備で相手の個人技にまったく対応できなかったところだろう。パスカットこそはできるがイーブンな体のぶつけ合いやドリブルには対応できずあまりにも相手を自由にさせすぎた。

フランス戦でもそういうところがあったが、いかに組織で守ろうと局面局面の一体一で敗れていてはそれは崩される。今後の日本は個人の実力を上げていかなければこのレベルの相手にはまだまだ及ばない。

守備面では相手の攻撃力の前に完敗したが攻撃面では収穫もあった。やはり本田がいるとボールが収まり日本のサッカーは前にボールが収まると面白いものになる。攻撃面ではフランス戦よりも遥に良かった。

しかし攻撃は綺麗に繋ぎながらも最後の仕掛けの部分でほとんどミスか相手に引っ掛けてしまっていたのでそこの精度を上げていくことも課題だろう。

本田のボールを収める能力は期待以上でブラジル相手に三人に囲まれてもキープするなど素晴らしいプレーを見せていた、あとは周囲の選手とのコンビネーションがもっと合っていけば。それから前の試合では動きが悪かった中村や長谷部などもその試合と比べると良いプレーを見せていた。

清武と酒井・内田の右サイドは攻撃でアクセントを付けられず守備面でもやられ続けたのでこの試合では悪さが目立った(守備面はボランチも問題があったが)。守備力の高い右サイド選手と岡崎の復帰などが待たれる。


日本は大敗し多きな課題を露呈したが実感として悔しさや悲観はほとんどないというのも本音。逆にブラジルが強いと嬉しいとも感じてしまうのは不思議なものだ。いつかはもっと悔しいと感じられるようにならなければならない。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
サッカー日本代表   フル代表   欧州遠征   親善試合   ブラジル   ザッケローニ   香川真司   長谷部誠   遠藤保仁   本田圭佑  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。