HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  <浦和レッズ2012> 第26節 vsガンバ大阪(Home)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク



浦和レッズ 0-5 ガンバ大阪
得点者:19分 阿部 36分・60分 レアンドロ 87分・90分 パウリーニョ

スタメン
GK:加藤
DF:坪井、永田、槙野
MF:鈴木、阿部、平川、梅崎、柏木、マルシオ
FW:原口


何もいいところのない最低の試合

とにかく酷かった。試合を通してポストプレーがまったく機能せずほとんどまともに前線にボールが納まらなければ守備の寄せも甘く相手にパスやシュートを自由に通してくださいと言っていたようなもので5失点。ガンバの攻撃力云々ではなくこんな内容ではJリーグで勝てる相手などいない。

難しい長いサイドチェンジを入れるのはなんのためなのか、平川はそこで攻撃のスイッチを入れないで戻してばかりでどうする。前線が身体を張って納めないでパスサッカーができるのか、原口もCFとしてもっと納めなければならないがそれ以上に今日はマルシオと柏木のポスト成功がほとんどなかった。

前線に納めどころがないこともあったがそれを差し引いても後からのビルドアップミスは酷かった。それから守備、リトリートと言えば聞えはいいがあれはただの棒立ち。レッズの前線が機能しなかったのはそこを尽く相手に寄せられたからだ、レッズの守備は相手の攻撃陣に対して何もしていない。

そして奪ってもカウンターさえできない、本当に何もできなかった。逆に相手の攻撃は遅行、速攻共に効いていて何もかもが上手くいっていた。初めて見た人は互いの順位が逆と聞かされる方が納得できるだろうという程に今日の試合の両者の内容には差があった。


そんな感じで90分間いいところなしの最低な負けだった。正直ここまでの負けになると逆にショックが薄れたという感覚もなくもないのだが、今期でも一番観客の入ったホーム戦で0-5の歴史的敗戦、そして今の互いのチーム状況を考えるとそんなことも言っていられない。いろいろな意味で痛い。

とりあえず終わってしまったことはもう取りかえしようがないので次の柏戦、そしてその次のホーム札幌戦、そこでどのような内容と結果を見せるかが大事になるだろう。そこで挽回してくれれば、と今はそれで我慢する。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
Jリーグ   浦和レッズ   ガンバ大阪   ミハイロ・ペトロビッチ   柏木陽介   槙野智章   加藤順大   原口元気   梅崎司   阿部勇樹  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。