HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  <浦和レッズ2012> 第25節 vs横浜Fマリノス(Home)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク



浦和レッズ 2-1 横浜Fマリノス
得点者:5' マルキーニョス  23' 柏木陽介 64' 槙野智章

スタメン
GK:加藤
DF:坪井、永田、槙野
MF:鈴木、阿部、平川、梅崎、柏木、マルシオ
FW:原口


重要な一戦で苦しい立ち上がりからの見事な逆転勝利

厳しい試合となったがこの重要な一戦を見事な逆転勝利で飾った。日産スタジアムでの勝利は昨年は残留への大きな分岐点となったが今年はこれを優勝への分岐点だったと振り返れるような結末にしたい。



今日の試合は非常に苦しい立ち上がりだった。開始序盤から前線が封じられほとんど攻撃の形もできないまま守備でも簡単に崩され早々に失点。

攻撃面では組織が機能しないときにはもっと局面での個人技を織り交ぜること、それからせっかくサイドチェンジしても戻す場面が目立ったので長いサイドへのボールを入れたらそこで一気に攻撃のスイッチを入れて攻め切ることなどをもう少し混ぜながらできると良いのかなと感じた。

同点に追いついた場面はそれまでは攻撃の糸口さえも無い程手詰まりだったところまさに槙野の個人突破が起点となったので、今後も詰まった局面では後の選手などのああいったプレーも必要になってくると思う。

守備面では失点の場面は一人の選手に三人がかわされ中のマークまでずれるという四重のミスとなってしまったのでそれは酷かったが、今日は序盤にやられたことにより比較的修正もできていて途中からは相手選手との距離感を空けすぎないタイトなディフェンスができるようにもなっていた。

終盤こそはいつもどおり体力が無くなって苦しい展開となったが追いついてからは全体的にレッズの方が勝つにふさわしい良い戦いをしていたと思う。見ていてチームとしての力が上だなと感じられる内容だった。しかし二点目の直後に三点目のチャンスがあったのであそこで決めなければ。

なにはともあれ自分達にとって苦しい展開の中でも立て直し逆転に繋げた今日の勝利は非常に大きい。こういう勝ち方ができるというのはチームに地力がついてきている事の証明でもある。そしてこれで首位との勝ち点差も2となりいよいよ一ゲーム差まで迫った。この勢いでいい上位争いをしていきたい。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
Jリーグ   浦和レッズ   横浜Fマリノス   ミハイロ・ペトロビッチ   柏木陽介   槙野智章   加藤順大   原口元気   梅崎司   阿部勇樹  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。