HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  大宮戦をポジティブ視点で、継続性とチームの成長
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク

10人になった相手に追いつかれて勝ち点2を失うということで凄くネガティブな印象が残る大宮戦だが、レッズが前半の序盤に見せた攻撃の躍動感は素晴らしかった。あれだけのロングボールを連続して通しサイドがそれを受け仕掛けるダイナミックな攻撃ができるチームはJリーグにそうない。

阿部を中心とした後からのボール精度もよければサイド選手のコントロールから仕掛けも良かった。惜しむらくはサイドを崩してもPA内でクロスをダイレクトで合わせるタイプの生粋のストライカーが居ないのでそこからのバリエーションが足りないことだが、それでも前半のダイナミックな攻撃にはレッズのサッカーの組織力と個人技術の高さを感じる躍動感があった。

昨年のこの時期は大宮に何もできずに敗れ、終盤の磐田戦でも0-3の完敗でその試合は足元のトラップ一つおぼつかず「レッズの選手達は下手だ」という印象まで受けたが、それからたった1年の間に「レッズの選手達は巧い」と自信を持って言えるようなプレーを毎試合いくつも見せられるようになった。それがチーム組織の成長を物語っている。

原口もセンターFWとして確実にスキルを伸ばしていて流動的なポストプレーや敵DFの間でボールを受けるための動きなどの上達が見て取れる。コンビネーションにドリブルにシュートと最近は本当にいいプレーを見せている。

まだまだ課題も多いチームだし、FC東京戦や今日の試合のようなことを繰り返していてはいけないとも思う。実際個人的にも今日は凄く苛立った試合だったのだが、今このチームの進んでいる道は間違っておらずチームは確実に成長している、それも前半序盤で感じ取れた試合だったと思う。

なので当然今後もペトロヴィッチ監督と現体制を支持するしこれからも継続して更なる成長を見せてほしい。ただそれとは別として大宮戦の試合中の失速と結果に関しては怒るし選手共々次のゲームで挽回してほしい。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
浦和レッズ   ミハイロ・ペトロビッチ   大宮アルディージャ   さいたまダービー  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。