HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトサッカー日本代表  »  U-23 ロンドンオリンピック3位決定戦 日本vs韓国
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク

<U-23 ロンドン五輪 三位決定戦 8/10>
 結果 
   日本   
 0-2 
 韓国 
  
 得点者 
 パク・チュヨン(前半38分)
 ク・ジャチョル(後半13分)  


スタメン
GK 権田
DF 酒井宏・鈴木・吉田・徳永
MF 山口・扇原・東・大津・清武
FW 永井


自分達がボールを持つと何もできない日本。今大会を通じて相手がボールを持ったときにプレスをかけ速攻というスタイルは嵌っていてそれは良かったものの結局は先制されて引かれてしまったりスペースを消されてしまうと何もできないというかつてからの弱点はそのままだった。

いやむしろ大迫や原口を落としたことで本大会ではさらにそういう傾向が強まっていたかもしれない。そうすることでスタイルを徹底しその結果スペインなどに勝てたこともあるのでそれが一概に悪かったとは言えないが。

この試合は日本の攻撃は何一つ持ち味を出せなかった。前線のスペースは消され永井は沈黙、相手のプレスの前に誰もポストプレーができず、ピッチコンディションもあったが各選手不用意なパスとトラップミスを連発。そしてペナルティーエリア内には常に選手がいないという状況も目立った。

前半大津が巧くファールをとっていたのが効いていたくらいで全体を通じて起点もスイッチも全く無くあんな攻撃で点が取れるわけがない。相手が日本を良く研究していた印象もあるがそれを考えてもお粗末な攻撃内容だった。守備でも3体1にも関わらず簡単に決められてしまったりGKからの一本のパスでやられてしまったりと弱さを露呈。いいところ無しの酷い内容だった。


最終戦にして最低なゲームで一時の幻想を打ち消してしまったようにも思うが今大会の代表チームの戦いは世間からはどう判断されるだろうか。

個人的にはこのチームは予選からこういう感じの試合をずっと見てきて本大会ではGLも突破できないだろうと思っていてそれを覆して決勝トーナメントに進んだのでそれだけでも賞賛に値する結果だとは思っていたのだが、

結局のところスペインは初戦の印象通りかなり弱いチームだったし、共に破ってきたモロッコとエジプトもそれ程の国ではなかったので、最後の二試合の敗戦とその内容を見ると褒め称えるべきなのか迷うところでもある。戦術的にも次に繋がるものだったかと言うとそうでもなかったと思うので。

しかしもはやそれしかできる事がなかったとは言えスペイン戦などで見せた日本のプレッシングサッカーの組織力と集中力は実際に見事だったと思うし、44年ぶりともなる準決勝まで辿り着けたというのはそれだけでも凄いこと。そしてワールドカップやオリンピックなどの短期決戦は結果が全てだとも思うのでこの大会の代表チームはやはり賞賛に値する躍進だったと思う。

そして南アフリカワールドカップで結果を残した先のアテネ組や北京組などの姿を見るとここで満足するのではなくここからどう成長するのかが大事だとも思う。今大会に選ばれた選手達の今後の動向に注目したい。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
サッカー日本代表   U-23   ロンドン五輪   3位決定戦   韓国   関塚隆   大津祐樹   清武弘嗣   吉田麻也   永井謙佑  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。