HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトサッカー日本代表  »  ロンドン五輪女子サッカー なでしこが銀メダル
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク



女子サッカー史上初の銀メダル

決勝では米国に敗れ惜しくも金メダルは逃したものの史上最高となる銀メダルを獲得。ワールドカップ優勝チームということで相手国からは警戒され、また日本国内からの期待もかつてない程高まっていたという本当に難しい状況で臨む大会となったにも関わらずこの結果というのは凄いものだと思う。

GL第三戦の南アフリカ戦の引き分け狙いが批判されているところも見たが、狙って予選突破をできるというのは実力がある証拠だし、カナダが最終的に銅メダルを獲っていることから見ても、厳しい最初の二試合を当たり前のように勝ち越して乗り切った実力によるところが大きかった。

そしてパスを繋ぐスタイルに固執するのではなく必要であれば少ないチャンスをものにする戦術に変更し粘り強く戦っていく、そこがここまで来れた要因でもあると感じ、予選突破からメダル獲得までの道筋を完全に計算しきっていろいろなやり方を用いて導いた監督のチームマネジメントは見事だった。

決勝で敗れた直後は悔しさを見せたが表彰式を笑顔で迎えた姿勢にも好感が持てた。やはり締めくくりはああであると清々しい。ただ男子サッカーであれをやると負けた癖にと厳しい非難を受けることにもなりそうで、そのあたりは歴史や観戦者の感情が違うので一概に男子も同じにしろとは言えない。なのであの表彰式は女子サッカー特有の良さと言えるかもしれない。

余談だが大会前にしたロンドン五輪女子サッカー決勝トーナメント進出国&優勝国予想は大会の経過ではいくらか違うところがあるがタイトル通りの決勝T進出国と優勝国だけなら全て当る結果となった。男子サッカー予想はあまりにも酷い外れ方となったのでこれで少しだけでも挽回できたかな。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
ロンドン五輪   女子サッカー   なでしこ   銀メダル   佐々木則夫   澤穂希  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。