HOME   »  国内カップ戦
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<ナビスコカップ2015 決勝トーナメント>
・F東京 vs 鹿島
・柏 vs 神戸
・G大阪 vs 名古屋
・新潟 vs 浦和


ナビスコカップ決勝Tの組み合わせが決定。レッズの初戦は新潟。先日は快勝したものの新潟にはまだレオ・シルバが控えているしリーグで低迷するクラブがナビスコで勝ち上がるケースはけっこう見られるものでまたレッズの代表選手も抜けることになるので簡単な試合にはならないだろう。

勝ち上がれば準決勝はガンバか名古屋、どちらにしても厄介な相手ではあるが互いに代表が抜けるので条件的にはそれ程不利にもならないはず。向こうの山を見ると決勝はなんとなく鹿島がきそうな気がする。

決勝トーナメントともなるとどのチーム厄介でここがいいという相手などはいなかったが新潟にFC東京にレアンドロが抜ける柏あたりなら比較的組し易いかもしれないとは思っていた。それから個人的に一番当りたくなかったのが神戸で抜ける選手も少なくレアンドロを加えた外国人助っ人が強力なのでそことはやりたくないと思っていたので悪いドローではない。

準決勝までは代表組抜きなのでそこでガンバとやるのも恐いと思っていたが西川・槙野・(ズラタン)と東口・宇佐美が抜ける両チームの条件はある程度均衡していると思うのでそれ程ナイーブになることもないか。

今後レッズとしては最も恐いのは興梠が代表に召集されること。もしそうなれば1トップができる選手が誰もいなくなり準決勝はおろか初戦の新潟戦もかなり危うくなってくる。ズラタンが代表じゃなければ、石原が負傷していなければとつい考えてしまう。短期的な補強も手だとは思うが、しないのであればそのケースを想定して何らかの戦術的対策を練っておく必要はあると思う。

現実的に興梠・ズラタン・石原がいなければ1トップは李になるが、その場合は二列目で納めて貯めを作れる選手を置くことが大切になる。李と梅崎だと互いにテンポが速すぎてキープによる貯めがつくれない。李と柏木でもフィジカル的に相手を背負って受けるには向かない。李のフリックを生かす動き出せる相方を武藤とするとやはり三人目は強いフィジカルで貯めを作ってくれる選手が絶対になる。現状それに向いた選手が欠ける三人以外に浮かばないが補強なしなら高木にそれをやってもらうしかないかもしれない。

2014年の原口に近い役割になるが高木にそれができるか。決勝トーナメントまではまだ時間があるので是非ともできるようになっていてほしい。
スポンサーサイト
・第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会4回戦までの組み合わせ(日本サッカー協会)

今年の天皇杯の組み合わせが決定。来年のアジアカップの影響で決勝が前倒しになりJ1クラブは7月12日の2回戦から登場。

レッズの初戦は岩手代表と千葉代表の勝者、勝てば次はJ2の栃木か群馬、次はおそらく名古屋か京都が相手になる。同じJ1でも川崎や鳥栖や神戸、J2では湘南と当たらなくてひとまず安心といったところではあるが、天皇杯はどこと当たっても難しいことは間違いないので油断なくいきたい。

初戦のアマチュア相手も毎年のように苦戦しているので怖さはあるがW杯中断明け直後で次のリーグ戦の試合までも1週間空くのでここは日程的にも余裕があり無理に大幅な入れ替えをしない限りは問題ないだろう。

厄介なのはその次の三回戦でJ2の栃木か群馬が相手となるがその試合はリーグの広島戦とFC東京戦の間の連戦となる。真夏の連戦である程度のターンオーバーが必要なことは間違いないが、ここでミシャは昨年の天皇杯山形戦や今年のナビスコ徳島戦のようにほぼ全員を入れ替えて躓いてしまうのではないかという不安がある。

カップ戦での入れ替えは必要だしやるべきだと思っているがその2試合のようなやり方はやってほしくない。特にバックラインは大切で守備の安定感はもちろんしっかり後ろでボールを回すためにもGKとDFのレギュラー4人のうちできれば3人、最低でも2人は常に出場させるべきだと思う。ここが安定しなければミシャのサッカーにならないしカウンター狙いの相手の餌食になる。

ボランチは今までは阿部がいないとかなり不安だったが青木がものになってきているのでなんとか阿部を温存して回したい。WBはあとは関口が調子を上げてくれれば関根の両サイドでの起用を考えても十分ターンオーバーできる陣容になってくる。1トップ2シャドーは李(坂野)や矢島の存在に期待したい。それでもやはり柏木は外せないか。山田直輝が復調してくれれば。

四回戦は名古屋か京都が相手。この試合もナビスコで決勝トーナメントに進んだ場合は過密日程の連戦で難しい試合になる。

昨年の山形戦も今年の徳島戦もその次のリーグの大一番で確実に勝っているのでミシャのやり方が必ずしも間違っているとは言えないしむしろあれだけ入れ替えたからその結果がついてきたのかもしれない。なので外野からの意見など的外れなものかもしれないが、やはりその二試合はどうだったのかという思いはある(特に負けた山形戦は)。なので今年の天皇杯はもう少し上手い形のターンオーバーでやりくりしてまずはこの山を超えてほしい。


浦和 川崎 柏 横浜

いよいよナビスコも4強が出揃った。浦和や柏は一回勝っただけなので最初からベスト8の半分が埋まっているというこのレギュレーションはどうなのかという気も相変わらずしなくはないが、今のレッズにとってはナビスコ予選は若手を試すために使うことになりそこが決勝トーナメント以上に突破することが難しかったであろうので今年はこのシード制を有難く使わせてもらいたい。

準決勝の相手は川崎フロンターレ。川崎とのナビスコ決勝トーナメントでの戦いというとワシントンが4点取るもアウェーゴール差で敗退したあの大会以来だろうか。たしか当時は初めてのアウェーゴール制導入で泣いた大会だったと思うが、久々にこの大会で借りを返せる機会が巡ってきた。

決勝まで進めば相手は柏か横浜。ここ二年の相性を見れば柏の方が若干相性が良さそうではあるが最近Jクロニクルベストマッチで04の浦和vs横浜のCSを見てもう一度横浜とタイトルを賭けた試合がしたいとも思ったので横浜と決勝で戦えれば面白そうだと思う。ベテラン勢が躍動していて中断期間を経てさらに強くなっていて失速の気配もないので怖いチームではあるが。
・AFCチャンピオンズリーグ2013 ノックアウトステージ 組み合わせ決定!(日本サッカー協会)

<ACL2013準々決勝組み合わせ>
・アルアハリ(サウジアラビア) - FCソウル(韓国)
・エステグラル(イラン) - ブリーラム・ユナイテッド(タイ)
・柏レイソル(日本) - アルシャバブ(サウジアラビア)
・広州恒大(中国) - レフウィヤ(カタール)


ACL2013の決勝トーナメントの組み合わせが決定。柏はサウジアラビアのアル・シャバブと対戦。サウジのクラブは未知数なのでまったく展開が読めずここはある意味一番難しいゲームになるかもしれない。またそこに勝てば次はおそらく広州、昨年の相性の悪さもあり柏にとっては一番嫌な相手だろう。仮にカタールが来た場合は移動距離がネックになる。決勝はどこが来るか読めないがそこまでいけば準々決勝と準決勝よりは簡単かもしれない。

開幕前は今季のJリーグ優勝候補筆頭と目された柏だが現在リーグではACLの過密日程の影響もあり中位に沈んでいて、その出遅れに加え決勝トーナメントに残ったことも考えると今後さらに厳しいスケジュールになっていくのでもう今年のリーグでの優勝はないだろうとも思われる。
<ナビスコカップ2013 決勝トーナメント>
・浦和レッズ - セレッソ大阪
・ベガルタ仙台 - 川崎フロンターレ
・横浜Fマリノス - 鹿島アントラーズ
・柏レイソル - サンフレッチェ広島


2013年ナビスコカップ決勝トーナメントの組み合わせが決定。

レッズはセレッソとの対戦となった。セレッソとはリーグ戦では三試合連続の引き分け中でなかなか勝てていないが試合ごとに比較的自分達の形がつくれ苦手という感覚もないので悪いドローではない。一方二列目の攻撃を得意とするセレッソとしても割とそのエリアを空ける傾向にあるレッズが苦手という意識もないであろうしそれはお互い様と言えそうだが。

リーグの順位とACLで勝ち上がっている柏の存在を見るとどちらかといえば下の山の方がしんどい面子になっているという印象。しかしどの試合もどちらが勝つか非常に読みづらくなかなか面白い組み合わせになったと感じる。
<FUJI XEROX SUPER CUP 2013>
サンフレッチェ広島 1-0 柏レイソル
得点者:佐藤寿人 29'

柏の3バックはビルドアップも悪くサイドの走力もなく前後分断になっていてまた主力のワグネルの良さも殺してしまっていて全然駄目だという印象だった。シーズンを通してもオプションとしてそれ程成長しそうには感じなかったがそれでも敢えて3バックにしたのは今年の広島・浦和対策だろうと思われる。

柏は後半こそはプレスのかけどころを見失って相手を自由にさせてしまっていたが前半序盤はサイドのスペースを埋めつつボランチにプレスを欠けるという広島・浦和に有効な守備対策を取っていて、実際佐藤に一瞬の隙でやられてしまったものの全体的には広島の攻撃を抑え優位な立ち上がりも見せていた。攻撃面が死んでいたので厳しかったことは間違いないだろうがあの一点がなければまた違った狙い通りの展開になった可能性もある。

なので柏の3バックも一概に悪いとは言えず広島に対してもある程度有効で浦和にはかなり効きそうな印象は受けたが、それでもチームとしての力がダウンする戦術であることは間違いなくこれはあくまで特殊な相手に対するリアクションとして使いたいオプションなのだろうと感じた。

注目のクレオは思っていたよりも大したことないという印象だった。高身長にしては足元が上手いとは感じたが運動量がなく何より動きが遅い。Jリーグではああいうタイプの選手はあまりフィットしない印象がある。コンディション的な問題ならば仕方ないがそうでなければあまり活躍は見込めなさそうだ。

新加入選手では右サイドのキム・チャンスはまずまずのプレーを見せていてなかなかオールラウンドにいろいろこなせそうなサイドの選手という印象だった。ワグネルは今のフォーメーションでは厳しそう、レドミもサイドとのコンビネーション不足と前線でクレオが蓋になっていて窮屈そうな印象だった。

今シーズン注目の柏レイソルだったがこのサッカーをするようならば優勝とは程遠いと感じ順位予想もまた難しくなってきたが上述したようにこれはあくまで一部の相手への対策のフォーメーションと思われるので4バックでの試合を見るまではなんとも言えない。

しかしこの試合を見る限りクレオはそれ程フィットしなさそうで工藤も昨年ほど得点を取るのは難しそうなので少し評価を落として見てもいいかもしれない。レドミとワグネルが年間通して稼働するだけでも強いことは間違いないが。
・AFCチャンピオンズリーグ2013 テレビ放送スケジュール(日本サッカー協会)

今年から日テレに放映権が移ったACL。正直日テレのサッカー放送にはあまり良い印象がなかったのでその時点でなんとなく嫌な予感はしていたがスケジュールを見ると有料チャンネル以外では一切の生放送無し。これならBSで毎節1試合は生放送をしていたテレビ朝日の方がマシだった。

しかしニュースやサッカー番組でのACLの扱いは日テレの方が良いと聞き、その点テレビ朝日は酷かったのでそのあたりでは一概には言えないが。

昨年のCWC決勝時に選挙の字幕がでかでかと表示されたのを見ても思ったがいったい何のためにデータ放送、チャンネルの多様化をしているのか。それをスポーツ中継でまったく生かせていない現状が気に入らない。
<クラブワールドカップ2012>
チェルシー 0-1 コリンチャンス

試合の結果は予想通りというべきかコリンチャンスの組織の前に拙いチェルシーの組織が敗れるという形となった。チェルシーの個人能力の高さは間違いなく両チーム決してそこまで大きな差ではなかったが正直なところ5回戦えば4-1くらいでコリンチャンスに分があるとも思えた。

チェルシーは準決勝のモンテレイ戦で3得点を挙げた時を見てもほとんどが個人技の単発的な攻撃で組織のコンビネーションはあまり感じられず、あれならJリーグチームの方が組織的な取り組みはいいと感じるくらいだったがやはりそれではコリンチャンスのあの見事な守備は崩せなかった。

それでも個人技は流石で決めるところさえ決めていれば全く違う展開になった可能性もあったのだが、エースがあの1対1場面などを外してしまっていてはどうしようもない。今日のチェルシーは負けるべくして負けた。


なにはともあれ試合としては局面局面でのぶつかり合いや巧みなボール扱いにどちらに転んでもおかしくない拮抗した展開、そしてコリンチャンスサポーターの作り出した会場の雰囲気なども含めて非常に面白いものだった。

そして久々に見たエメルソンは流石にスピードはだいぶ衰えたという印象は受けたがボールの扱いや守備ワークなど昔とは一味違うところを感じさせファール判定の後の対応なども各プレーから円熟味を感じさせられた。
<クラブワールドカップ2012>
コリンチャンス 1-0 アル・アハリ

流石はブラジルのチームだと思わされるような巧者な試合運びでコリンチャンスが勝利し決勝に進んだ。アル・アハリも思った以上に善戦を見せ後半には猛攻を仕掛けたがそれも掌の上というように攻めさせられている形がほとんどでコリンチャンスの堅守が光った試合だった。

特に凄いのがマンツーマン気味に相手と当たる各選手の間合いの取り方で一歩でも詰めればドリブル突破の隙を与えてしまう、逆に一歩でも引けばクロスをあげられてしまうというようなところを絶妙な間合いで牽制し相手に下げるか横パスするか以外の選択肢をほとんど与えなかった。

今日のように引いた形になると多くのチームは間延びする形となって相手にクロスをあげられてしまうがコリンチャンスの守備はクロスすらあげさせないというタイトな良い守備だった。この間合いの取り方は学ぶところが大きい。勿論そこには前提として一体一に絶対の自信があるということも伺えるが。

試合外部の事ではコリンチャンスのサポーターも印象的で日本在住者を含めてもまさか地球の裏側からあそこまでの数が来ようとは。
<グループE>
FCソウル
ブリスベンorブリーラム
ベガルタ仙台
江蘇舜天

<グループF>
広州恒大
全北現代
ムアントン
浦和レッズ

<グループG>
サンフレッチェ広島
北京国安
浦項
ブニョドコル

<グループH>
セントラルコースト
天皇杯優勝チーム
貴州人和
水原三星


2013年ACL1次リーグの組み合わせが決定。レッズはグループFに入り広州恒大(中国)、全北現代(韓国)、 ムアントン(タイ)と対戦する。中国リーグでも抜けて強い広州、ACLでの実績は最高クラスの全北、灼熱のタイ、と正直厳しい組だなという印象だがやはりいざ出場と組み合わせが決まると不安よりも楽しみの方が大きいというのがこの大会のスケールの大きさだろうか。
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。