HOME   »  サッカー日本代表
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



原口代表初ゴール。慣れないトップ下起用に周囲との連携不足もあって全体的には動きは良くなくもしあのゴールを決めてなかったら辛辣な評価を受けていたと思うがゴールを決めたのでそれにまさる結果はない。

2013年の東アジア選手権でもキープに持ち運びに得点こそはなかったものの貢献は見せたが結局その後代表に残ったのは得点を決めた選手だった。点を取るに勝るアピールはない。最後もパスではなく打つべきだった。

ゴール以外はあまり良くなかったが五分のぶつかり合いでもキープする本田や岡崎に次ぐくらいの中央での強さは見せたし慣れない位置でのプレーでも得意のドリブルからのシュートで得点を決めたところは見事だった。そしてあの動きはミシャ時代にシャドーをやっていた経験も生きていると思う。

ヘルタもあれくらい周りの選手がやってくれれば原口もこうして形を生かせるのだが、今季のあのチームのサッカーは本当にまずかったので来季は今日の大迫・永井とパスを出したボランチくらい連動した周りの動きがほしい。

槙野もゴール。あれはもう決めるだけという形ではあるがきっちり決めたところは評価されるだろう。そして得点以上に代表でもリーグ戦同様の安定した守備を見せていて対人守備も負けなければカバーリングでも決定的な形を防いでいて大活躍だった。以前書いたことがあるがこの動きを見るとレッズでもいつか槙野を中央で使ってみたくなる。
スポンサーサイト

【GK】
川島永嗣(スタンダール・リエージュ)
東口順昭(ガンバ大阪)
西川周作(浦和レッズ)
権田修一(FC東京)

【DF】
酒井宏樹(ハノーファー96)
酒井高徳(VfBシュツットガルト)
内田篤人(FCシャルケ04)
吉田麻也(サウサンプトン)
水本裕貴(サンフレッチェ広島)
昌子源(鹿島アントラーズ)
森重真人(FC東京)
槙野智章(浦和レッズ)
太田宏介(FC東京)
長友佑都(インテル・ミラノ)
藤春 廣輝(ガンバ大阪)

【MF】
長谷部誠(フランクフルト)
柴崎岳(鹿島アントラーズ)
今野泰幸(ガンバ大阪)
青山敏弘(サンフレッチェ広島)
山口蛍(セレッソ大阪)
香川真司(ボルシア・ドルトムント)
清武弘嗣(ハノーファー96)

【FW】
本田圭佑(ACミラン)
永井謙佑(名古屋グランパス)
小林悠(川崎フロンターレ)
岡崎慎司(1.FSVマインツ)
大迫勇也(1.FCケルン)
興梠慎三(浦和レッズ)
乾貴士(フランクフルト)
武藤嘉紀(FC東京)
宇佐美貴史(ガンバ大阪)


(バックアップメンバー)

【GK】
林彰洋(サガン鳥栖)

【DF】
塩谷司(サンフレッチェ広島)
鈴木大輔(柏レイソル)
千葉和彦(サンフレッチェ広島)
車屋紳太郎(川崎フロンターレ)

【MF】
谷口彰悟(川崎フロンターレ)
米本拓司(FC東京)
大森晃太郎(ガンバ大阪)
高萩洋次郎(ウェスタン・シドニー)

【FW】
柿谷曜一朗(FCバーゼル1893)
川又 堅碁(名古屋グランパス)
豊田陽平(サガン鳥栖)


レッズからは西川・槙野・興梠が選出。もし選ばれるとしたらその三人と阿部の中からだろうと思っていたので妥当なところか。遠藤や大久保を選んでいないところを見ても阿部は年齢面で既に振るい落されている感じもする。アテネ五輪世代より上の選手はいよいよ代表から姿を消していくのだろう。

名古屋と川崎の選手が目立つのは先日現地で観戦した影響も大きそうか、外国人監督の場合アギーレの時もそういう傾向はあったのでこれから視察する試合が増えていけばまた選出も変わってくるのだろう。

槙野の左SBのポジションは長友がいないにしても人員過多な印象があるのでこれはCBとしてもしくは3バックも見越して召集しているのかもしれない。3バックの左としては太田・藤春・酒井よりも適正はあると思うので。

興梠はようやくの選出ながら首の調子は大丈夫なのだろうか。終わった話だがアギーレの時の乾のポジションに興梠が入る形も少し見てみたかった。
<2013/7/28 東アジア選手権2013>
 結果 
 日本 
 2-1 
  韓国  
 柿谷曜一朗(前半25分)
 柿谷曜一朗(後半46分)   
 得点者 
ユン・イルロク(前半33分)


<スタメン>
GK 西川
DF 駒野 栗原 森重 槙野
MF 青山 山口 原口 工藤 高萩
FW 柿谷

52槙野→徳永 70工藤→山田 88高萩→豊田
<2013/7/25 東アジア選手権2013>
 結果 
 日本 
 3-2 
  豪州  
 齋藤学(前半26分)
 大迫勇也(後半11分)
 大迫勇也(後半34分)   
 得点者 
 デューク(後半31分)
 ユリッチ(後半33分) 


<スタメン>
GK 権田
DF 森脇 千葉 鈴木 徳永
MF 高橋 扇原 山田 斎藤 大迫
FW 豊田

62扇原→山口 73斎藤→工藤 83千葉→栗原
<2013/7/21 東アジア選手権2013>
 結果 
 日本 
 3-3 
  中国  
 栗原勇蔵(前半34分)
 柿谷曜一朗(後半14分)
 工藤壮人(後半16分)   
 得点者 
ワン・ヨンポ(前半5分)
 ワン・ヨンポ(後半36分)
 スン・ケー(後半42分) 


<スタメン>
GK 西川
DF 駒野 栗原 森重 槙野
MF 青山 山口 原口 工藤 高萩
FW 柿谷

66青山→高橋 72原口→斎藤 88柿谷→大迫
<コンフェデレーションズカップ2013 ブラジル 6/16(日)~7/1(月)>
※時間は全て日本時間で表記。生放送。

日本代表の試合日程 (大会全スケジュールは続きから)

・日本vsブラジル 6月16日(日) 4:00キックオフ
NHK BS1 3:45~
フジテレビ系列 3:45~

・日本vsイタリア 6月20日(木) 7:00キックオフ
NHK BS1 6:10~ (ブラジルvsメキシコ終了後)
フジテレビ系列 6:50~

・日本vsメキシコ 6月23日(日) 4:00キックオフ
NHK BS1 3:45~
フジテレビ系列 3:45~
<2013/6/11 ブラジルW杯 アジア最終予選第九節>
 結果 
 日本 
 1-0 
  イラク  
 岡崎慎司(後半44分)   
 得点者 
  


<スタメン>
GK 川島
DF 長友 伊野波 今野 酒井宏
MF 遠藤 細貝 香川 清武 岡崎
FW ハーフナー
<2013/6/04 ブラジルW杯 アジア最終予選第八節>
 結果 
 日本 
 1-1 
  豪州  
 本田圭佑(後半46分)   
 得点者 
 オアー(後半37分) 


<スタメン>
GK 川島
DF 長友 吉田 今野 内田
MF 遠藤 長谷部 香川 本田 岡崎
FW 前田
<W杯アジア最終予選第9節 イラク戦>
・2013年6月11日(火) 23:30キックオフ
23:20~ NHK-BS1
23:15~ テレビ朝日系列



・2014ブラジルワールドカップ アジア最終予選 グループリーグ勝ち点表
<キリンカップ ブルガリア戦>
・2013年5月30日(木) 19:20キックオフ
19:00~21:24 日本テレビ系列



<W杯アジア最終予選第8節 豪州戦>
・2013年6月4日(火) 19:30キックオフ
17:55~21:50  NHK-BS1
18:30~     テレビ朝日系列



・2014ブラジルワールドカップ アジア最終予選 グループリーグ勝ち点表

B組7節終了時点の勝ち点、日本13、ヨルダン7、豪州6、オマーン6、イラク5。日本は豪州戦で引き分け以上で突破が確定。敗れると8節時点での突破は無し。しかし残りの組み合わせと得失点差を見ると日本が3位以下になる可能性は限りなく低くいろいろなパターンを考えてもまず実現はなさそうだった。
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。