HOME   »  未分類
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・浦和 来季の補強へ湘南DF遠藤に正式オファー ペトロ監督続投(スポニチ)

ミシャの来季続投が内定らしい。いろいろと文句を言うことも多いがこの後の結果はどうなるか分からないにしてもリーグ戦の勝ち点は毎年確実に伸び続けているし新人獲得もミシャの意向があったようなのでここで代える選択はないだろうとも思っていたので異論はない。

フィンケの時にパスワーク中心のサッカーをしていてパスの上手い新人を獲得して次の年に180度サッカーが変わってしまったというようなことがあったがああいうのは選手の人生を狂わせてしまう。ただしサッカーに監督交代はつきもので長谷部も細貝も原口なども何度もそういう節目を自力で乗り越えたので選手自身の乗り越える力というのもプロでは当然必要になる。

しかしこのサッカーは後ろが完全に個人の対人能力任せなところがあるので続けるならば来季は絶対にDFの即戦力を二枚は獲ってきてほしいと思う。技術があって対人にも強い稀有なDFを。その点で話題に上っている遠藤航はベストだが以前どこかの記事でミシャは遠藤をボランチで考えていると聞いたような気がして森脇の位置ではないのかと疑問に思ったことがある。

それから毎年公式でミシャの続投を発表した直後にまったく勝てなくなるので発表するのはシーズンが終わった後にしてもらいたい。
スポンサーサイト



相手のレベルは置いといてアフガニスタン戦の原口は大量のファールゲットに仕掛けからの結果2アシストするなどなかなかの活躍を見せて代表チームに貢献できていたと思う。

試合を決定付ける重要な得点を決めるなど華々しく活躍してくれれば言うことはないがそうでなくても地味なところから一つ一つチームに貢献できるような選手に育ってきたことが昔から見ている者としては感慨深い。
<第三節広島戦予想スタメン>
       興梠
    石原   柏木
宇賀神        平川
    阿部   青木
   槙野 那須 森脇
       西川


GGRでは橋本左の宇賀神右になっていたが対ミキッチのこれまでの戦績を考えると宇賀神の左を変えることはないしそのままだろうと思う。右は梅崎の可能性もあるが相手は柏(選手)なので防御バランスを重視して平川を使うのではないかと。シャドーはここのところかなり不調な柏木だがミシャは古巣相手に選手をぶつける傾向にあるのでおそらくこの組み合わせだろうと。

広島戦で注意すべき点は青山から佐藤への一本のパスとミキッチの突破、それと高萩のゲームメイクでそれはこれまでも肝に銘じて戦えてきたからこそのあの勝率で高萩もいなくなったので対応してくれるだろうと思っている。

しかし今の広島は左の柏からも突破があるというところが厄介で特にその部分の守備が弱いレッズがどう対応するかが課題に。守備を考え右WBは消去法で平川になるが平川もけっして守備が強いわけではない。なんとか縦への突破だけは消しつつ切り替えしからクロスを上げられそうならその場面で佐藤に絶対に外されないことを徹底するしかないか。

レッズにとっても広島のドリブルが脅威になるように広島側にもドリブルの攻撃は有効で実際原口は対広島戦で結果を出し続けていた。それを考えるとシャドーに高木を入れるのが有効ではないかと思う。


リーグ戦では連勝が続いている広島戦だが原口が抜けて以降は少し相性関係も変わって直近の二試合、ナビスコでは両試合とも勝てていない。そしてここのところのACLアウェー帰りのチームの勝率の悪さを見ると相当厳しい試合になると覚悟はしておくべきだと思う。
・水原サポーターが“皮肉”横断幕「スタジアムはサッカーのもの」

本心から発したのならいい言葉だが、目的が相手を煽ることなのであれば。スタジアムは差別をするところでもなければ特定の思想を掲げるためにある場所でもない。ましてや後出しのあてつけなど。それが理解できなければ仮に今は正論・正義の側でもいずれ必ず過ちを犯すと思っている。レッズも今年断幕が復活するがくれぐれも肝に銘じておくべきだと思う。
・AFCチャンピオンズリーグ2015、グループリーグ組み合わせ(浦和レッズ)

【グループG】※天皇杯でガンバ大阪が優勝した場合
浦和レッズ
ブリスベン・ロアーFC Brisbane Roar FC(オーストラリア)
水原三星ブルーウィングス Suwon Samsung Bluewings(韓国)
プレーオフ4の勝者

【グループH】※天皇杯でモンテディオ山形が優勝した場合
浦和レッズ
広州恒大 Guangzhou Evergrande(中国)
ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC Western Sydney Wanderers FC(オーストラリア)
プレーオフ1の勝者


天皇杯の結果次第で組み合わせが変わる。

H組は今年優勝のWシドニーに前年優勝の広州におそらく前年準優勝のFCソウルが入るということでまさに死の組。それに比べればブリズベン・水原・北京のG組の方が緩そうではあるが、軽く調べてみたらどのチームも外国人枠はフルに使っていて今のレッズが簡単に戦える相手ではない。

どうせどちらに入ってもレッズは一番下の挑戦者という立場には変わりはないのだからどうせならH組に入って広州やシドニーやソウルといったアジア屈指の強豪と戦う方が面白いのではないかと思う。
・2015シーズンのチケット料金改定および席割り変更について(オフィシャル)

なかなかいい改訂なんじゃないかな、だいたいの部分で納得できる。値上げに関してはこの時代だし仕方ない、当日料金もそれを設定することで今までのように気軽に当日参戦はできなくなるけど前日までに買ってもらうことで収入も入場者数も天候等に左右されずより安定するのではないかと思う。

高校生までの子供料金も良い。多少打撃になったとしても将来のために若い層にスタジアムに来てもらうことは大切。スタジアムに来ることでファンになってその後長く応援し続けてくれる子も必ずいる。メインアッパーで1500円の席ができたのでこれなら子供同士で映画を見に行く感覚で試合を見に来てもらえるのではないか。そういう層に安心して来てもらうためにも大人たちはこれ以上問題行為を起こしてはならない。

バックスタンドの全席指定化も収益の向上と公平感がより増して良い改革。ビジター指定もそれを作ることでビジターチーム応援者も今までより気軽にスタジアムに足を運べるようになる、特に初めてJリーグを見に来るような人はレプリカを着ないといけないのか一緒に飛び跳ねて声を出さないといけないのかという点がよく分からず不安でなかなか足が向かないものなので。

少し疑問があるとしたらアッパーにあるSA席とS席の席種を他の種類に変えられなかったのかなと。これ以上席種が増えるとややこしいからそうしないのかもしれないが、アッパーのSあたりは少し料金を下げなければ割高感があるような、あのあたりは行ったことがないのでどんな感じなのか詳しくは分からないが。近くに有名人が来るなどの特典があるのか。
前回の記事でブログを終了する予定だったけど移籍の話題について見解を書いたりするのも好きなので適当に続けていこうと思う。というか次の日の浦和の補強記事を見て一言書かずにはいられなくなった(苦笑)
レッズの現状に関しては何も書けない。今の状況をポジティブに見れる程楽観的じゃない性格ではあるし過度にネガティブなことを書いて危機感や不安感を煽りたくはない。とにかくもうなるようにしかならんだろうと。

ただ、これは優勝できないで終わった場合にも書くかもしれないけど、今年の三月頭に比べればこれくらいの重圧はなんだと思えるし今優勝争いをできているだけでも十分幸せなことと思える。

ナーバスになっている方は今一度あの頃のことやアウェー広島戦のゴールの瞬間のこと、西川の渾身のガッツポーズや胸のエンブレムを叩いた原口の姿を思い出すといいかもしれない。
・Jリーグヤマザキナビスコカップ準々決勝 対戦カード決定(レッズオフィシャル)

ナビスコ決勝トーナメントの組み合わせが決定。レッズの準々決勝の相手はサンフレッチェ広島に。広島は相性的にはいいものの広島相手に抜群に強かった原口が抜けたのでその相性もどうなるかというところはあるし準決勝では柏・横浜と片や三連敗中の相手、片やいつも守備が硬い相手とどちらが来ても厄介になりそうで楽な組み合わせではない。

ただ個人的には川崎・神戸・G大阪の順で当たりたくなかったのでそれらのチームが全て逆サイドに行ったのでその点は悪くない組み合わせと思える。しかし勝ち上がれば高確率でそれらのチームが決勝の相手となるので早い段階で当たらないことが吉と出るか凶と出るかはなんとも言えないか。

レッズが勝ち上がることを前提に考えておそらく準決勝の相手は柏、決勝は川崎か。いや埼スタが決勝の舞台ということを考えてもなんとなくガンバが来そうなイメージがある。


・https://www.youtube.com/watch?v=7g320oSSw9I(ヘルタ公式動画)

試合は1-1の引き分け。ヘルタの原口がPSMでアシストを記録。この動画を見ると日本にいる時と変わらず得意のエリアでは仕掛けられているようだしペナルティエリア内でのボールへの執着あるプレーで唯一の得点のアシストもしているのでなかなか良いアピールができているのではないかと思う。

ポジションはサイドに張り出すような形が多いか。おそらく原口としてはこちらの方が本職でやりやすいはず。ディフェンスのチェイシングもしっかりとやっている。逆サイドにロングパスを通したところなどは日本ではなかなか見られなかったプレー。あのパス自体は取られる危険性もあったと思うがあれをコンスタントに通せるようになるとまた一段上のプレーヤーになれると思う。
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。