HOME   »  補強
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



来季の補強ポイントについて。昨年の補強で比較的戦力は揃っているので昨年よりは必要な箇所も人数も少なくなりそうで放出を仮定しなければ確実に補強しなければならないのはCB2人とWB1人くらいか。
スポンサーサイト
・柏レイソル 高山薫選手 移籍加入のお知らせ(湘南ベルマーレ)

湘南が柏MF高山を獲得。高山は昨年湘南から柏に移籍したばかりだったのでこれは珍しい形の移籍だなと。おそらく柏側がそれ程必要としていないということなのだろうが両サイドの放出にユース出身選手の集め方的にネルシーニョ体制終了と同時にチームのやり方を大きく変える意図があるようで、今年終盤戦は勝率最高を誇った柏ながら来季は新しいやり方の浸透に時間を要しそう。それともユース選手が多いので案外すぐに馴染むのか。


・新潟 磐田FW山崎獲りへ!新得点源としてリストアップ(スポニチ)
・仙台が磐田FW金園を獲得決定的に(ニッカン)

新潟が磐田FW山崎獲りへ、と言ってもリストアップ程度なので実現の可能性がどれ程あるのかは不明。仙台が磐田FW金園獲得決定的と先日の前田の件といい今年は磐田FWが各クラブのターゲットになっている。ポポも抜けたので仮にこれらの選手全員が抜けたらどうなるのか。

そこでブラジル人FWを3人獲ってかえって強くなる可能性などもあるが、そこで滑ればいよいよ本格的にJ2に定着してしまう可能性もある。ただでさえ来季は戦力的には相当と思われる大宮などもいるので。

全員抜けたらどうなるかとは書いたが、金園が移籍決定的で前田も濃厚ということなのでそうなれば山崎はオファーがあっても残るだろうと思われる。
・神戸、鳥栖DF安田の獲得確実(ニッカン)

神戸は鳥栖DF安田の獲得が確実に。そして鳥栖GK林は鹿島が獲得に乗り出していると聞いていたがここに来て神戸も乗り出したようでどうなるか。年俸的には神戸の方に分がありそうだが、林は今のチームへの愛で残留を選ぶのかACLと名門の鹿島を選ぶのか条件が良さそうな神戸を選ぶのか。

神戸というとうろ覚えだが鳥栖FW豊田の獲得に乗り出していたような気もするが、鳥栖の3選手が一気に加入する可能性もあるのか。それからこの動きを見るとネルシーニョは今の素材を料理するタイプなので獲得には特別注文はつけないということなのか。

さらに神戸はMFシンプリシオを放出しMFコ・ミョンジンの獲得も決定。優秀なボランチがフリーに、シンプリシオは一年前なら確実に獲りにいけと思っただろうが、年齢と年俸と今年のコンディションを考えるとすぐさま取りたいかというと微妙なところ。そもそもやっているサッカーに合うかも分からないか。
・【F東京】磐田の元代表FW前田に獲得オファー(報知)

F東京は浦和から正式オファーを受けていたMF高橋秀人(27)の残留も判明。


オファーを出していた高橋はFC東京残留へ。先日の記事でも触れたがこうなることは概ね予想通りでフロントの戒めも必要だと思っていたので悲観することはないしむしろこの2億円をもっと必要な部分に当てられるかもしれないとひとまずポジティブに受け止めておこうと思う。

たしかに阿部と那須を過密日程の中で適度に休ませるためにはこういうタイプの選手が一人ほしかったのは間違いないが、高橋を取れても一気にタイトルに近づくかというとさほど変わらないだろうという見方もあったので、ここはまだ若い青木にボランチの両ポジションで頑張ってもらうと共に時には辛抱強く新入団の茂木を育てていければいいのではないかと。

そうも思うが遠藤・高橋と続けてあたっていたところを見るとミシャからは強いリクエストがあることも分かるので強化部はこれで終わりにせず引き続き仕事を続けなければならないだろう。追い詰められたことでハードワークして新たなルートを開拓するなど成長を見せてほしいところだが・・・

あと国内でこの手のプレーヤーというと鳥栖の菊池や磐田の伊野波や大宮の高橋あたりが浮かぶがそれならセレッソが獲ってきたゴイコ・カチャルのような選手を外国から発掘してくるほうがいいと思う。

仮に誰も獲得しない場合、柏木をボランチと併用するとしても鈴木啓太の状態が不明なのであと一人タクトを震える選手がほしいところだが、山田直輝の期限付きなどの移籍は決定しているのだろうか。小島はどうなのか、復帰の情報が入らないところを見ると移籍先を探しているのではないかと思うが。
・【F東京】磐田の元代表FW前田に獲得オファー(報知)

FC東京が磐田FW前田にオファー。たしか大久保のあとは豊田を獲りにいっていたと思ったがこれを見ると豊田は失敗したということなのだろうか、それとも両獲りを狙っているのか。

大久保・豊田・前田、失敗は続いているがこれらの選手達へのオファーには正直羨ましい気持ちがある。やはり日本人FWならこのくらいの選手達を獲りにいきたいと思うような名前でレッズでは久しくそういう動きを見ないので。

もちろん興梠は間違いなく良い選手で今の戦術へのフィットならそれらの選手以上の良い獲得だったと思うし高原の時の大失敗があるのでそういう選手を獲得に動くのも一概に良しとは言えないのだが。

個人的に以前から前田はミシャサッカーに適正があると思っていてこの選手が入ったチームも一度見てみたいと思っていたのだが、最後まで実現はしなかった。ズラタンや石原の方が前田以上にフィットするのだろうか。

前田は毎年のように移籍決定かというようなニュースが出てそれで残留し続けてきた経緯があるので今回も動くかは分からない。ジュビロが一年で昇格できなかったことで本人の気持ちが動いていればあるいはと言ったところだが、あまり移籍する姿が想像できない選手でもあるのでどうなるか。
・アンドレ バイヤ選手 移籍加入のお知らせ(湘南ベルマーレ)
・アリソン選手 移籍加入のお知らせ(湘南ベルマーレ)

湘南ベルマーレが二人のブラジル人選手の新加入を発表。一人は31歳のベテランDF、もう一人は19歳の若手FWを期限付きで。

確実に計算できるFWウェリントンを残しつつ経験のあるDFとあともう一枠はチャレンジとして若手選手を期限付きで獲得する、なかなか理想的な外国人選手枠の使い方ではないかと思う。

ここ数年のJ2から1位で上がってきたチームの躍進や今年の湘南のJ2での戦いやこのオフの期間の動向を見ると来季の湘南は相当やるのではないかと思っている。この二人が当れば流石に柏やガンバまでいくかは分からないが鳥栖の再来になりそうな気配はしている。
・【F東京】スピード武器DF加賀、浦和に移籍へ(報知)

FC東京DF加賀へオファー。一報を聞いた時は現在高橋を獲りにいっているはずなので加賀にもオファーを出してどうするのかと思ったが、残りの補強ポイントとターンオーバーも考えるとあとボランチ一人にCB一人が欲しいとも思っていたのでたしかに補強のポイントは間違ってはいない。

しかし年齢を考えてもこれ以上中堅以上の選手を増やしてチーム構成は大丈夫なのかと不安もあり、また加賀はミシャのサッカーに合う選手なのかいまいちピンと来ないところでもある。判断力や足下の技術はあるのか。

ただスピードと当りの強さがあるので後方に誰も速くて強い選手がいない現状を考えればこういう選手も必要かもしれない。

例えば川崎戦ではいつも天敵レナトにこちらの右サイドからやられているがそういう相手に対してぶつけられる選手として。それは仮に今後高橋を獲ったとしても埋まるものではないだろうし、ACLで更に速く強い外国人選手と戦うことを考えても速く強い生粋のディフェンスの選手は必要だとも思う。

まあACLの相手FW対策を考えるのならそれこそ日本代表クラスや外国人DFの力が必要だとは思うが。あとは前述したようにチームの年齢構成やこの選手がこのサッカーにフィットできるかというところがネック。それから頭数を増やしてもミシャが使いこなせるのかということも。
・浦和が高橋秀人に正式オファー 違約金プラス3年2億超(東中スポーツ)

まさかの高橋。予想外のニュースだったので驚いた。残りの補強ポイントで書いたようにあと必要なのはボランチとCBで両方できる選手ならなお良しだったので確かに高橋はその条件に合致する。

高橋はクレバーで守備力もなかなかという印象だがそれ程詳しいプレーイメージはなく今のところなんとも言えない。パス配給能力はどの程度のものなのか精神的には合いそうなのか。そのあたりも精査してのオファーなのか、湘南の遠藤のあとから獲得に乗り出しているだけに不安もなくはない。

違約金+年俸で2億超(三年契約)ということで推測だが違約金6000万+年俸5000万×3あたりが妥当なところか。遠藤も違約金を払っても取りにいったところを見てもここはどうしても補強したいポイントのようで仮にこのオファーを外してしまったら現場はかなりあたふたすることになるのではないかと。

我が応援チームの内部のことながらほんの少しそんな光景を見てみたい気もする。今の強化部はもっと必死に仕事に取り組むべきだと思うしここで高橋獲得にも失敗し来シーズン開幕までにあらゆるルートを使って新選手を発掘するのに奔走しなければならなくなる、それくらいの苦労があっていいと思う。

かつて山瀬が抜けた後のトップ下の後釜探しに苦労し最終的にポンテを獲得できたように、追い詰められた方が良い結果に転ぶこともある。今の強化部はもっと苦労して新しい獲得のルートとコネを作る努力をするべき。とは思えどここで高橋獲得に失敗したら獲得自体を諦めてしまって岡本の復帰が補強だとか適当に海外代理人が薦めてくる外国人選手を確認もせずそのまま獲得し失敗してしまうのではないかとやはり不安の方が大きいかもしれない。

そんな強化部の話は置いといて高橋が来るかということだが、あとは本人の意思次第の五分五分の状況ながら個人的にはFC東京残留の目の方が強いのではないかと思っている。今のチームでもレギュラーとして出場を続けているし年俸的にも安いクラブでもなく、大観衆の前でプレーしたいとかACLに挑戦したいとかミシャサッカーをやってみたいという意思がなければ今レッズに移籍するメリットはそれ程大きくないように思うので。

それからFC東京からの移籍の噂というとかつて今野の代理人が浦和の名前を年俸交渉を有利に進めるために使っていたという印象もあるので今回もそのパターンで名前だけ利用し移籍する気はないのではないかと疑わしくもある。そのあたりからこの移籍の話題は実現しないのではないかと感じる。
・加藤順大 大宮アルディージャへ完全移籍のお知らせ(浦和レッズ)

GK加藤が大宮へ。以前書いた通り安定感で西川の牙城は崩せないものの第二GKとして貴重な戦力であったし来季も西川が居ない試合は巡ってくるので残ってほしかった思いもあるが年齢的にもそろそろ新たなチャンスに賭けるべき時だとも思うので本人の意思を尊重して快く送り出したい。

話題が出た時は大宮はGK層は薄くないように思っていたのでそこでいいのかとも思ったが北野と江角を放出しての加藤獲得ということで即戦力として期待しているのだろうと。

加藤は2013年途中からはボール回しでも神経を使わないとならないミシャスタイルに気を割くことでセービング能力を生かせなくなってしまったという印象はあるが初めてスタメンを掴んだ2011年はナイスセーブの連続であの年降格しなかったのは加藤の活躍があったからだとも思っている。長年控えとして耐えながら巡ってきたチャンスを確実に掴んだそのプロ意識は高い。

来季の大宮では足元の技術がどれくらい求められているか分からないが今のレッズ程後ろで回すことはまずないであろうのでそれならかつての調子を取り戻し活躍してくれるのではないかと期待している。足元の技術もあるGKながら実はミシャスタイルとはそれ程合わずシンプルにプレーする方が思い切りがつき生きるタイプなんじゃないかと思う。

一番印象に残っているプレーは2012年アウェー柏戦(国立)でのロスタイムのポポのゴールの起点となった超ロングスローかな。西川のフィードも素晴らしいがあの遠投力と技術は加藤ならではの大きな武器。

長い控えの間も、ポジションを取ってからも、そしてまた控えになってからでもいつでも全力で頑張ってくれたことに感謝。新しいクラブでも頑張ってほしい。
「現時点12/15での来季のメンバー予想」
        興梠
   ズラタン   石原
橋本            平川
    阿部    柏木
  槙野   那須  森脇
        西川

控え:大谷・永田・青木・宇賀神・関根・高木・李


試しに並べてみるとこんな感じか。柏木のボランチ起用は個人的にあまり良いとは思えないが今季の終盤戦はそこからの組み立てに苦慮していてかつ補強も入らず、今季のシャドーの得点力不足と新たに獲得した前線の選手数を見ても来季は柏木ボランチでいくつもりなのではないかと。

前線は3人ともある程度近いタイプの万能型。良く言えば全員がまずまずの決定力を有しボールを受けることができヘディングもできるのでどこからでも起点と得点が期待できる。悪く言えば全員似たタイプで違いをつけて局面を打開することができずノッキングを起こす可能性がある。そのために高木や武藤を獲得しドリブルによる攻撃のパターンも加えるのだろうが。


「残りの補強ポイント」

①ボランチとCB、両方できる選手ならなお良し。
前線の補強はある程度進んでいるものの後方の補強は弱く、鈴木啓太のことを考えてもボランチに1枚CBに1枚補強したいところで両方できる選手ならなおいい。なので獲得は失敗したが湘南の遠藤にオファーした狙いは正しかったと思う。失敗した以上那須や阿部を併用することも考えつつどちらか一方でもいいので獲得を目指したい。外国人枠が使えないものか。

②パサーのバックアップ
柏木が離脱したら誰がセットプレーを蹴って決定的なラストパスを出すのか。ここは補強するかどうかはともかくチーム内にもう一人決定的なラストパスが出せる選手を置いておきたい。本来なら山田直輝や矢島や小島に期待したいのだが、それらの選手のサッカー選手としての成長を考えると現状を見るに(期限付き)移籍は免れないだろうと。

③決定力と武器(高さかスピード)のある外国人ストライカー
興梠・ズラタン・石原、たしかに良い前線だがどの選手も突き抜けた得点力と個人の仕掛けのパターンはない。どこからでも点が取れるのがミシャサッカーの良さとは言うが調子がいい時はいいとして疲労やプレッシャーで思うように試合が運べなくなった時には絶対に個人の力も必要になる。そこで突き抜けた武器を持つ外国人FWがほしい。

パワープレーをするなら那須を上げるという手もあるのでやはりスピードのあるタイプが理想か。スピードがあり連携も取れる元広州のムリキや元大分ガンバのマグノアウベスみたいな選手がほしいがそこまでとは言わずとも荒削りでも何かをもっている外国人選手が一人いれば面白いと思う。

高さに限定するなら外国人と言わずとも豊田が移籍を希望しているようなのでそれにアタックするも良し、だが動きを見る限りそういう選手を獲ろうとする意思はないらしい。たしかにこのサッカーにタイプは合わなそうだとは思うが、実はそういう選手こそ違いを出すために必要なのではないかと思う。
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。