HOME   »  外国人枠
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



来季の補強ポイントについて。昨年の補強で比較的戦力は揃っているので昨年よりは必要な箇所も人数も少なくなりそうで放出を仮定しなければ確実に補強しなければならないのはCB2人とWB1人くらいか。
スポンサーサイト


『国内チームの外国人選手を自由に獲得できるなら』

現在(2013年12月)Jリーグチームに所属する外国人選手を実際に獲れるか獲れないかその背景に関わらず自由に選んで獲得できるとしたらどの三人を今のチーム(浦和レッズ2013の陣容)に加えたいか。という妄想記事。


いろいろあったけど今シーズンも終了。前にも書いた通り「今季はあわよくばタイトル、本当の勝負は三年目の来季」という気持ちでずっと来たものの終盤のあまりにも不甲斐無い戦いの連続に周りのチームの伸びを見てこのままこのチームを信じていていいのか不安も強くなってきた。

来年タイトルが無ければミシャは解任だろうけどその後このクラブに何が残るのか、それがミシャ体制で一番恐いところでタイトルも得られぬまま次の復活までにまた数年のサイクルを要することになると思うと・・・

とりあえず今はオフに補強が入ると信じたい。このサッカーをするのにGKを入れたパス回しは絶対、山岸のまま来季行くことは有得ない。ボランチはボール奪取できる選手が二人は必要。WBも左は槙野を使うにしてもドリブルかクロス精度の絶対的武器を持った起点となれる選手。CBも必要。

浦和の強化部は外国人枠で外れを引くことを恐れているのかもしれないが積極的に獲らなくては始らない。新潟や川崎も当たり外国人ばかりなように見えて実は退団者も多く出している。今季の甲府などは5~6人引き続けてようやくパトリックを引いて残留に繋げた。外国人枠は博打けっこう、デスポトビッチのように二年契約などしなければ賭けで動いてもいいだろう。


(関連記事)
・来季のレッズの補強案
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。