HOME   »  ヴィッセル神戸
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『J1 2015シーズン順位予想』

2015年J1の個人的な順位予想。今年はレギュレーションも変わったのでどう予想したものかと迷うところだが、とりあえずポストシーズンのことは考えず年間の順位予想ということで。
スポンサーサイト
・神戸、鳥栖DF安田の獲得確実(ニッカン)

神戸は鳥栖DF安田の獲得が確実に。そして鳥栖GK林は鹿島が獲得に乗り出していると聞いていたがここに来て神戸も乗り出したようでどうなるか。年俸的には神戸の方に分がありそうだが、林は今のチームへの愛で残留を選ぶのかACLと名門の鹿島を選ぶのか条件が良さそうな神戸を選ぶのか。

神戸というとうろ覚えだが鳥栖FW豊田の獲得に乗り出していたような気もするが、鳥栖の3選手が一気に加入する可能性もあるのか。それからこの動きを見るとネルシーニョは今の素材を料理するタイプなので獲得には特別注文はつけないということなのか。

さらに神戸はMFシンプリシオを放出しMFコ・ミョンジンの獲得も決定。優秀なボランチがフリーに、シンプリシオは一年前なら確実に獲りにいけと思っただろうが、年齢と年俸と今年のコンディションを考えるとすぐさま取りたいかというと微妙なところ。そもそもやっているサッカーに合うかも分からないか。
・神戸がクルピ氏と破談 ネルシーニョ氏へ(ニッカン)

神戸の新監督交渉、狙いのクルピ監督は破断でネルシーニョ監督にオファーを出すらしい。育成も考えればクルピの方が良さそうではあるがそれなりに時間は掛かるし今のクラブの補強力と外国人戦力などを考えればむしろネルシーニョの方が神戸には向いているのではないかと思う。この変更による表立ったマイナス点はセレッソの選手を獲得できる率が下がるということくらいでは。


・【甲府】来季新監督に樋口氏、今季横浜Mを指揮(報知)

甲府の新監督はベルデニックではなく樋口監督に。樋口監督は横浜での仕事を見るとなかなか有能な指揮官だとは思えどその前までの実績を見るとパッとしないところもあるので少し規模の小さいクラブに移ったらどうなるのか未知数なところはあると感じる。あくまで個人的には城福監督のままの方が無難だったのではないかとは思う。
・神戸、元浦和FWエスクデロ獲り狙う(ニッカン)

神戸がエスクデロ獲得に動いているらしい。若い頃からずっとレンタルに出してレギュラーとして出場し得点感覚を磨けば面白い素材の選手だと思っていて今はそのとおり大きく成長したエスクデロ。本当はかつてのフッキのような形を理想に10代の頃にJ2にレンタルという形で育ててほしかったのだが、クラブはいつまでもそうしてくれずついには完全放出してしまった。

当時のエスクデロは判断力は良くなくミシャサッカーには向かないイメージがあるもののシンプルにプレーさせれば技術もフィジカルもあるのでカウンターと個人技主体の神戸には合っていると思う。(神戸は来季監督を代えるそうでややタイミングが悪い印象もあるが)

もし神戸にエスクデロが入ればレッズに縁のある選手もなかなかの人数になってくる。加えて前線に強力な外国人選手を揃えているという構成も個人的に好みなので来季は直接対決と順位争いを除いてレッズの次に神戸を応援してもいいかもしれない。

もしこれで山田直輝でもレンタルで入るとして来季レッズが情けない戦いをしていれば一部ファンには本当に応援クラブ自体を乗り換えられるかもしれない。フロントにはそういう危機があるということを理解して今オフの補強をしてほしいと思う。
・神戸シンプリシオ獲得動く(ニッカン)

神戸がシンプリシオ獲得へ動く。正直この動きはよく分からない。マルキーニョスとペドロジュニオールの獲得が濃厚なのでエステバンを入れると既に三人、エステバンを外してシンプリシオを入れるという考えなのか、それだとチョン・ウヨンを獲得する意味が。昨年のポポとのやり取りを見てもどうも行き当たりばったり感も否めない強化部なのでこの件も天皇杯の直接対決で見て気に入ったからとりあえずとかそれくらいの理由なのかもしれない。
・神戸 千葉DF高橋&ロンドン五輪韓国代表MF獲得へ(スポニチ)

神戸が高橋峻希獲得へ動く。ここには詳しく書いてないが同じJ1クラブでしかも神戸となると完全移籍での獲得が濃厚か。この話がどうなるかはまだ分からないが、ミシャ体制になってからのレッズでの状況とレンタル先のジェフでの状況を見るにそろそろ、という感も強まってきていたので可能性は高い。覚悟はしていても高橋はユース時代を見て必ず山田暢久と平川の後釜になると思っていただけにいざその時が来るとやはり残念な気持ちが強い。

この件はまだどうなるかは分からないので今後の経過を見守るしかないが、仮に完全で移籍が決ったとしても同選手に対してはその後も頑張ってほしいという気持ちは変わらないだろう。今年ユースから水戸に入った広瀬君も同様に、ユースから育った選手達がいろいろなところで活躍を見せてくれればそれはそれで嬉しいことでもある。

それから神戸は磐田(京都)のチョン・ウヨンも獲得へ動いているようだ。昨年の磐田での仕事を見るとあまり印象はよくないが、あれは使い方の問題も大きかったと思われるので守備力に優れるエステバンと組めば縦へのパンチ力も生きるかもしれない。
・東京エドゥー獲り…シャルケ内田とプレー(ニッカン)

FC東京が元シャルケのブラジル人FWエドゥー(32)を獲得へ。韓国中国とアジアでの実績も十分で環境には適応できるであろうし恐い存在になりそうだ。来季のFC東京は監督も代わるので未知数なところはあるが良い方向に転べば上位を争う存在になるかもしれない。


・【神戸】名古屋の191センチDF増川を獲得(報知)

神戸が名古屋退団の増川を獲得。マルキーニョスに続きベテランの獲得となった。中堅の年齢層はやや不足している印象か。


・【大宮】守備強化へ磐田DF藤田にオファー(報知)

大宮が磐田DF藤田にオファー。磐田は前田もマリノスからオファーを受けているのでここで二人が抜けると一気に大量放出に繋がる可能性も。
・J1復帰の神戸、マルキーニョス獲得へ(ニッカン)

神戸がマルキーニョス獲得へ。普通に考えれば優勝(仮)クラブから昇格クラブである神戸がエースストライカーを引き抜くなど無理だろうとは思うが、横浜が債務過多で潰れかけているという現状を見ると高級のマルキーニョスはもしかしたら手放す可能性もあるのではないかと、微かな実現性は感じる。

マルキーニョスの年齢は来季は38になるが今年の活躍を見てもそれ程問題は無さそうで流石にフル稼働は難しそうだがまだどのクラブでもやれる力があると思う。神戸は天皇杯でセレッソにボロ負けしてこのままでは来季厳しそうだとは思ったが、既にPJの獲得も決っているのでPJ・マルキ・エステバンの三外国人助っ人が揃うとなると一気に厄介な存在になりそうになってきた。

ちなみに横浜の赤字はマルキーニョスを手放したくらいではどうにもならず、また今年優勝すると選手の年俸も更に上がるであろうし、以前の社長のインタビューを見ても日産に全て任せる気満々という印象だったので、ACLもある来季を考えると結局マルキを手放す可能性は低いだろうと思われる。

しかし少し似た状況であった大きな親会社を持つ名古屋も今オフは大鉈を切ってチーム運営費の削減に取り組み始めたのでそれを見ても横浜も今後に向けて少しずつ改善していく必要はあるであろうし、その一端として今年の戦いを区切りにチーム改革をしていく可能性も0ではないだろう。そこに僅かにマルキーニョス移籍の可能性がある。
・【神戸】元新潟FWペドロ獲り!今季韓国Kリーグで17ゴール(報知)

来季J1に復帰する神戸がFWペドロ・ジュニオール獲得へ。また懐かしい名前が挙がってきた。PJはガンバ時代を見ると王様的に使わないと反発しそうで性格的に難がある印象はあるものの、神戸はカウンターチームだしスペースがあればPJのドリブルは生きそうで、また西野監督程戦術の縛りもなさそうなので意外と合うのではないかとも思う。

しかし再びレアンドロを獲得に動いていると思えばPJの名前が出てきて、今年もシーズン途中でポポを切ってレアンドロを獲ろうとして失敗しその後はポポに救われ続けそしてポポを放出ということをしていて、少々いきあたりばったりすぎる人事は相変らずに見えるのでこんなことで大丈夫なのかという不安も否めない。

ポポは経験もあるので残した方がいいとは思うが、エステバンを残してJで実績のあるFW二人(レアンドロ・PJ)を獲得するという考えなのだろうか。
・ポポ急きょ残留か?神戸 レアンドロ獲得交渉が暗礁に…(スポニチ)

神戸はレアンドロ獲得へ合意まで進んでいたようだが急遽保有権を持つアル・サッドの事情が変わり中東に呼び戻されることが濃厚になったらしい。

ドタキャン的で勝手だとは思うが保有権を持っていて使いたい時に使えないのでは意味がなく中東クラブの行動には特別問題はない。こういうところが主力をレンタルで獲得することまたしようとすることの弱み。

そして神戸はレアンドロを獲得する場合はポポを放出しようと考えていたがそれも急遽変更で一転しポポが残留する流れへなるかもしれないということ。

ポポはプロフェッショナルな精神の持ち主なので大丈夫だとは思うが正直この流れは印象が悪くチーム全体の雰囲気や選手のモチベーションに影響を及ぼしかねない。昨年の選手の獲得とその結果であったり今回の一連の移籍騒動であったりそろそろ内部からチームへの不信が募っていそうだが。

神戸は現在2位につけるも最近はあまり流れが良くないのでこういったところで足を引っ張ってはますます厳しい状況になりかねない。
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。