HOME   »  コンサドーレ札幌
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『J2 2015シーズン順位予想』

2015年J2の個人的な順位予想。今年は移籍情報を詳しくは追っておらずまた名鑑も買っていないため一部は監督すら分からないくらいで例年以上に大雑把な予想。しかし丹念にデータを調べても当らないものは当らないので。
スポンサーサイト


『J2 2014シーズン順位予想』

毎年恒例のシーズン開幕前の個人的な順位予想。昨年の予想は完全的中は水戸の1つのみであとはニアミスが5つという結果だった。J1予想と共に毎年だいたい的中1チーム程度の全然あてにならない予想。
・【札幌】34歳小野、異例3年契約合意 24日にも発表(報知)
・【札幌】元代表・小野獲得で攻撃力アップ!昇格へ不安消えた(報知)

J2コンサドーレ札幌が豪州ウエスタンシドニー・ワンダラーズでプレーする小野伸二の獲得へ乗り出し三年契約で合意したらしい。レ・コン・ビンの獲得といい札幌は社長が変わってから話題性のある補強を重視しているという印象が強くなってきた。小野伸二は今年の豪州での活躍を見てもまだまだJ1でもやれそうという印象なのでJ2では活躍が見込まれる。


・松井 磐田と大筋合意、近日サイン ポーランドから帰国(スポニチ)

同じくJ2の磐田が松井獲得で大筋合意。元代表の選手もどんどん増えてきてJ2も新しい時代に突入しつつある。今季はガンバ大阪が盛り上げたが来季は小野・松井と海外帰りのビッグネーム達がJ2を盛り上げそうだ。
・J2・札幌にFWのビン加入へ ベトナムの最優秀選手3度獲得(北海道新聞)

札幌がベトナム代表FWのレ・コン・ビン(27)を獲得。今後Jリーグが現在マーケティングを進めている東南アジアなどに広まっていくかどうかはこういう動きも大切だと思っているので是非成功してほしい。しかしJ2とは言え現状ではまだ難しいだろうとも思う。そして札幌ではサイドでの起用と書いてあるがそれは選手や監督としては本意なのだろうかと少々疑問も。

当時カズを取ったセリエAもこういう気持ち(そして向うはさらに歴史が長い)だったのだろうと思うとJリーグも歴史を重ねてきたものだと改めて感じる。
・【札幌】J2最長身!197センチFWフェリペ獲得へ(報知)

札幌が身長197cmの長身ブラジル人FWフェリペ(28)を獲得へ。札幌は本当に毎年のように未知数の外国人選手獲得にチャレンジしていてその姿勢が面白いクラブだ。同選手の「フッキがステップアップしたことで札幌のことを知っていた」というコメントもクラブの伝統を感じさせて面白い。

しかし札幌は今完全にユース出身者主体のチーム作りに取り組んでいるところなのでこういう飛び道具的な選手を入れてなまじ結果を出してしまうと放り込み主体となり戦術が崩れて逆にチーム作りが難しくなるのではないかという懸念もなくはない。勿論プロのチームはいつでも結果を出さなければならないとも思うが、果たしてこの選手の獲得は吉と出るか。
・トレーニングマッチ vsコンサドーレ札幌(浦和レッズオフィシャル)

浦和レッズ5-0(前半2-0)コンサドーレ札幌
得点:12分・興梠、33分・興梠、57分・原口、63分・興梠、78分・森脇

GK 加藤
DF 森脇、那須、槙野
MF 平川(HT→マルシオ)、啓太(67分→関口)、阿部、梅崎、柏木、原口
FW 興梠(67分→矢島)



・トレーニングマッチ vs北海道教育大学岩見沢校(浦和レッズオフィシャル)

浦和レッズ4-1(前半2-1)北海道教育大岩見沢
得点:4分失点、30分・矢島、38分・マルシオ、63分・阪野、81分・山田直

GK 山岸(HT→大谷)
DF 坪井、永田充、野田
MF 岡本、山田暢(60分→野崎)、小島、関口(60分→永田拓)、マルシオ(HT→邦本・ユース)、矢島(71分→山田直)
FW 阪野



北海道キャンプの札幌と大学生とのトレーニングマッチは二試合とも点を取るべきアタッカーの選手達が得点を重ねていてチーム作りは順調に進んでいると感じさせられる。特にここにきて興梠と森脇が一段とチームにフィットしてきてより得点機会に顔を出せるようになってきたのは好材料。

そして二試合目では久々に山田直輝が実戦に復帰。早々に得点も取っていてやはり感覚を持っている選手。回復も順調なようでなによりだがクラブも選手もここでの焦りは禁物。まずコンディションを100%に戻すことは勿論として、球際での体の使い方などを怪我前から改善していかなければ長く活躍する選手にはなれない。ポテンシャルの高さは疑うべくもない選手なのでこの期にじっくりと治すべきところを治して息の長い選手になってもらいたい。
・札幌“ベトナムの英雄”FWレコンビン獲りへ!(スポニチ)

J2札幌がベトナム代表FWレコンビン(27)獲得へ動く。
珍しい東南アジア選手獲得の具体的な話題。

Jリーグは東南アジアへの進出も進めているのでこういう選手が入ってくればその方面からの注目度も上がりそうでこれが実現すれば将来的に見てリーグ全体にとってのプラスとなるかもしれない。勿論マーケティングの面だけでなく実力的にどれくらい通じるのかという点でも興味がある。

しかし札幌は海外選手も含めて完全な若手路線に切り替えたはずなのでそれにしては同選手は年齢的に少し厳しいのではないかという印象も受けるが、果たしてどういう意図での獲得の動きなのだろうか。
・名古屋がFW矢野貴章獲得へ(ニッカン)

名古屋がFW矢野獲得へ。正直少し疑問な補強ではあるがDFの闘莉王や巻をFWとして使っていたくらいで外国人枠も使い切っていて獲得できそうな日本人長身FWというと限られているのであながち的外れではないか。

しかしタイプ的には合わない印象もあって神戸の田代を狙ったほうが良かった気はする。しかし田代も怪我持ちでケネディも大きな怪我を負っているのでその組み合わせは危険でもあるか。

新潟的には今年の使い方を見ても抜けても特に問題はなくオファーがかかれば放出になるだろう。せめてペドロとチョと3トップを組んでいたあの頃並の活躍ができればまだ必要とされるのだろうが。


・パウロン選手 コンサドーレ札幌へ期限付移籍で加入のお知らせ(札幌)

コンサドーレ札幌がDFパウロンを獲得。この選手も23歳と若く来季の札幌は外国人選手も含めて徹底的に育成路線にしていることが伺える。あとはチームを成長させつついかに選手をプロテクトするか、年俸の抽出もそうだしクラブに愛着をもってもらうこともそう、そこはクラブの努力次第だと思う。
・鳥栖、ブラジル人FW獲得を検討(ニッカン)

鳥栖がサンパウロFCのFWロニ(21)の獲得を検討。豊田の残留が決まったので無理をして取りに行くことはなさそうだがもう一人FWが欲しいことも確かか。この選手の獲得の話が出てくるという事は以前に噂が出てきた大久保の話は無かったということにもなりそうか。


・札幌 讃岐の韓国人長身DF趙成真獲得(ニッカン)

札幌が韓国人DFチョ・ソンジンを獲得。讃岐からの移籍ということで珍しいケース。韓国から高卒でJFLに入る事などあるのかと疑問に思ったがどうやら熊本でデビューした選手のようだ。


・千葉来季監督はハシェック氏か小倉勉氏に(ニッカン)

千葉の新監督はサウジのクラブで指揮を執るハシェック氏か大宮コーチの小倉氏に。外国人監督を連れてきても一年でJ2の戦いに慣れるのは難しいと思うので日本人監督にした方が無難だとは思うが。
・札幌 ブラジル人長身DF獲得へ(スポニチ)
・止まらぬ戦力流出… DFの要 ノース退団(道スポ)

札幌がブラジル人長身DFルイス・パウロ(22)獲得に乗り出す。192cmの長身選手ということだが足下はどうなのか、見てみるまではなんとも言えないが札幌はいい外国人選手を見つけてくる印象があるので楽しみだ。

一方DFジェイド・ノースは退団へ。紙面によると札幌側は延長を希望したものの向こう側が移籍を希望したようだが、来季以降の札幌は育成の路線が明確に確立されたクラブになり勝負の年も来季ではなく何年か掛りになるので一時的に戦力がダウンしても特に問題はないようにも思う。

しかし年齢構成的には30前後の選手も何人か居たほうが良いことも確かでユース出身者が大半を占め若すぎるという部分では不安もありそうだ。
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。